「平成30年度 民謡民舞少年少女愛知・岐阜県大会」終わる

  • 2018.05.20 Sunday
  • 23:46

本日、上記大会が豊明市文化会館小ホールにて開催されました。当会では、小学1,2,3年生の部で「安来節」を唄った中村舞ちゃんが優勝、「津軽じょんがら新節」を唄った仲野真由ちゃんが優秀賞、小学4,5,6年生の部で「津軽あいや節」を唄った松永悠里ちゃんが優勝、「白浜音頭」を唄った梶野佑衣ちゃんが優秀賞、中学生の部で「安来節」を唄った仲野真央ちゃんが第3位に入賞し、8月に東京で開催される全国大会に出場が決まりました。おめでとう拍手

今回、惜しくも入賞できなかった子供達も、来年は頑張りましょうね。

  • 0
    • -
    • -
    • -

    津軽五大民謡大会と岩木山

    • 2018.05.07 Monday
    • 11:14

     ずっと天気が悪く一度も岩木山の全容が見えなかったですが、五大民謡大会の5日は晴天となり、今回初めて岩木山がはっきり顔を出しました。今回の大会も前回3位の加藤小百合さんが「津軽じょんがら節部門」にエントリーしました。しかし前回他の部門の優勝者が二人じょんがら部門にエントリーしており、テープ審査の順位は8位だったので入賞も難しいと思われました。昨年に続いて桜も終わっていて・・・去年よりは、はるかに良く唄い終わってから岩木山へ行こう!となりました。これまで5月は残雪のため通行不可で私も一度も行ったことがない岩木山スカイラインが開通していて頂上付近まで行きました。何年も津軽へ通っていますが、初めて見るすばらしい壮大な景色に感動しました。結果、小百合さんは5位入賞。優勝した人が毎年エントリーできるこの大会を制するのは相当厳しいと思いますが、まだ2年目。来年も挑戦して頑張って欲しいと思います。

    続きを読む >>
    • 0
      • -
      • -
      • -

      中村滉己君「津軽三味線日本一決定戦」最年少で制覇!

      • 2018.05.07 Monday
      • 10:53

       5月2日より青森へ出発✈。3日はレンタカーで主人の実家へ行きお墓と仏壇をお参りし、夜は津軽三味線全国協議会の総会と懇親会に出席。4日はいよいよ「津軽三味線日本一決定戦」。昨年優勝の和之君に続いて準優勝の滉己君が出場。曲弾きは大きなミスなく滉己君らしい三味線で第1位。唄付けはくじで津軽あいや節を引いて安心して聞いていたら、終わりがけに「プチッ!」と糸が切れて思わず「アッ!」と頭をかかえた。が、出番前に楽屋で私が「滉ちゃんは糸が1本くらい切れても、普通に弾けるよね?」「はい!」と言ったのを思い出した。その言葉の通り2本の糸で見事弾き終わり安堵。糸が切れたことがわからなかった人も多数。優勝して、最年少日本一になりました。拍手当日会場で知りましたが、NHK名古屋の方が追っかけ取材をしていました。中学3年生の14歳、最年少優勝の快挙に感動しました。

       

      • 0
        • -
        • -
        • -

        <プライベート>次女の華代が入籍!

        • 2018.04.03 Tuesday
        • 00:03

        4月1日(日)大安!次女の華代(27歳)が入籍し、盒恐畋紊砲覆蠅泙靴拭2月に彼と家に来て、彼が「華代さんと結婚させて下さい!」と。結婚式が7月15日に決まったので、同居を許して二人の職場の真ん中あたりにアパートを借りて引っ越しました。結婚式はどうでも良い感じで・・・今の子は・・・と私もそういう歳になったんだと実感。旦那様は主人より更に高い180僂猟洪箸如華代とは30儷瓩た板杭后Bが長〜い。サラリーマンと英語講師の共働きですが、温かい家庭を築いてほしいと思います。

        (名古屋城で二人で入籍のお祝いをしたんだそうです)

        • 0
          • -
          • -
          • -

          福士豊秋先生技能章受章・矢吹和之君日本一決定戦優勝記念パーティ

          • 2018.04.02 Monday
          • 23:26

          3月31日(土)浅草ビューホテルに於いて、上記祝賀会が300名を超える出席者で盛大に開催されました。主人は発起人の一人として、また和之君の師匠としてご挨拶をいたしました。出席していただいた皆様に感謝の言葉を述べた後に「上京する時は、どこへでも行って広く勉強させていただくようにと言って送り出したものの内心、心配しておりましたがこんなに多くの皆様に可愛がっていただいて・・・」感極まって沈黙。私も緊張して写真を撮るのも忘れました。が、無事にスピーチを終えて、皆様から良かったと言っていただいて、お世辞でも嬉しく思いました。その後は鏡開きで祝宴に入り、舞台では民謡界の一流の皆様による演奏が目白押し。福田こうへいさんも唄って下さいました。二次会で松竹へ、その後民謡酒場追分へ行って・・・本当にすばらしい祝賀会で、楽しい嬉しい一日でした。

          <発起人のお出迎え>

          • 0
            • -
            • -
            • -

            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>

            selected entries

            archives

            recent comment

            recommend

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM